可視性を維持

タッチポイントと内部の動きのデジタル監査証跡を利用して、中継ネットワークを通過するパッケージを追跡できます。

 

生産性と精度を向上

商品の動きを自動化し、在庫の柔軟性を管理することで、入庫から保管、梱包、出荷にいたるまで商品が自由かつ正確に流れるようにします。

 

倉庫コストを削減

設備、スペース、時間、人などのリソースの使用を最大化し、効率を高め、運用コストを削減します。

機能

インバウンドパッケージとシップメント管理

事前アラートまたは事前出荷通知を転送して到着予定の貨物を確認できるため、到着貨物の作業量を事前に計画し、混同や遅延を回避することができます。

あらゆる固有のパッケージIDや、複数の受取貨物とも両立するため、情報入力時の柔軟性が向上します。

モバイル対応のバーコードスキャン、無チェック入庫、そしてラベル印刷で、取り扱いミスが少ない、より迅速な入庫プロセスが実現します。

重量、寸法等パッケージ詳細をデジタルに記録し、破損品のデータと画像を記録できます。

パッケージ管理とトランジット倉庫業務

ルールベースのロケーションとシステムが作り出すガイダンスで、的確で正確な保管/クロスドックの方向が分かります。

デバイスベースの転送指示書により、アイテムが正確に移動、再配置され、オペレーターの作業負担を軽減し、また、コストのかかるミスをなくします。

ワークフローイベントがすべてのタッチポイントで、詳細なパッケージの追跡履歴を記録します。

倉庫内やそのロケーションにおけるパッケージの可視化。例えば、ドックやロケーション内。

出庫ピッキング、梱包、発送管理

システム制御のピッキングロケーション/パッケージ、電子荷積み指示書で、適切なアイテムだけが選択され、積まれます。

個別または複数の貨物間におけるパッケージの入庫と出荷を管理する方法に完全な柔軟性があります。

ヤードに入ってくる車両の可視性で、ヤード管理とゲートハウスプロセスが効率的になります。

他のCargoWiseモジュールとの統合で、積み荷リストやマニフェストを作成、添付できます。

CargoWiseをさらに詳しく知る

お問い合わせください

CargoWiseがどのようにサプライチェーンを解放するサポートを行うかをご確認ください。

 

お問い合わせ