リスクの最小化

異なるシステム間での手動によるデータの転送および再入力に関連したエラー率を低減します。

 

生産性を向上

リアルタイムでドキュメントや出荷情報を提出し、業務効率と精度を向上させます。

 

可視性の向上

ネットワーク全体でジョブ関連情報を簡単に共有できるため、お客様とそのパートナーは絶えず更新される情報を確認でき、よりタイムリーな判断ができます。

機能

E2Eメッセージング

他のCargoWiseユーザーに接続

 

異なる通貨と言語を使用する関係者と、情報およびデータを交換できます。

海上キャリア、通関業者、鮒会社、CFS、倉庫などあらゆる関係者とのメッセージングを設定できます。

国の税関および政府当局との直接のデータ交換でグローバルな規制要件に準拠し続けることができます。

新たな設定や変更をすることなく、E2Eメッセージを有効化し、その機能をお楽しみいただけます。

ワークフローの自動化ツールとの統合により、関係者間のデータトランザクションが開始されます。たとえば、関係者にeDocを含んだE2Eメッセージを自動送信できます。

海上キャリアメッセージングは

海上キャリアに接続

 

リアルタイムの出荷情報を海上キャリアに直接、あるいは優先サービスプロバイダー経由で送信できます。

さらに注意を要するイベントやアクションの通知を自動化できます。

インバウンドおよびアウトバウンドのメッセージがオペレーションレコードに対して入力され、シップメントに関連したアクティビティの監査証跡を提供します。

正しいメッセージが送信されることを確実にし、エラー、遅延、そして高くつく罰金のリスクを低減します。

海上キャリアへのメッセージを生成する前に、フォームを見直し、必要に応じて変更または情報の追加を行うことができます。

電子エア・ウェイビル(e-AWB)

航空貨物キャリアに接続

 

紙ベースの書類を未だ必要とするトレードレーンやシップメントのために、要望に応じてeAWBのハードコピーを作成することができます。

データの完全性と一貫性を全体的に向上させ、エラーを減らし、プロセスを向上させます。

ドライアイスから生鮮貨物まで、FWBおよび関連するFHLメッセージで送信される最大9つのスペシャルハンドリングコードを使用できます。

eDocs経由で情報を自動ファイルし、より良いレコード管理と、確実な監査証跡ができます。

システムデータを利用することにより、絶えず変化し続ける世界中の貨物のセキュリティ規制によりよく準拠することができます。

CargoWiseをさらに詳しく知る

お問い合わせください

CargoWiseがどのようにサプライチェーンを解放するサポートを行うかをご確認ください。

 

お問い合わせ