より迅速な通関

自動化された電子輸出入通関プロセスにより、コンプライアンス上のミスを最小限に抑え、国境を越えて商品がスムーズに移動することが保証されます。

生産性を向上

ある国の輸入税関申告を別の国の輸出データから自動生成して時間を節約できます。

 

サプライチェーンの合理化

税関申告のデータを業務全体で共有し、仕出地と仕向地の規制を遵守することで、貨物の遅延、検査費用、罰金を最小限に抑えることができます。 

 

機能

税関や政府当局との簡単かつ直接的なデータ交換により、輸出入取引の生成および送信ができます。

関連する税関当局や手続き要件に従ったさまざまな認証済みフォーマットやプロトコルでメッセージ交換を行います。

CargoWiseのグローバルデータベースはお客様の業務にリンクしているため、タスクと入力間のデータフローがスムーズに行われ、タリフを常に最新の状態に保ちます。

シッパーや輸入者詳細、B/L、本船および航海番号データなどシステム内の既存のデータを自動的に転送して、新規の税関申告を作成します。

コンプライアンス強化のため輸出入時のプロセスはスムーズに保管され、通関情報は安全で一元化されたデータベース内に記憶されます。

当社 グローバル通関 の足跡

CargoWiseにおける通関を確認

お問い合わせください

CargoWiseがどのようにサプライチェーンを解放するサポートを行うかをご確認ください。

 

お問い合わせ