顧客の期待を超える

A点からB点に貨物を移動する際、マイルストーンやイベントを自動で更新することで、情報による障害を取り除き、透明なコミュニケーションを促進します。

 

パフォーマンスを向上

データフローはサプライチェーン全体で高度に統合されており、ほぼリアルタイムで関係者が重要な情報にアクセスしたり共有することが可能です。

 

サプライチェーンの合理化

自動化されたワークフローにより、御社とその顧客がシップメントの位置やステータスをリアルタイムで確認することができ、先を見越した例外の管理や遅延の回避を行えます。

CargoWiseにおける最適化を確認

CargoWiseの優位性

CargoWiseがモードや国境を越えて御社のグローバル・サプライチェーン最適化を実現する方法をご覧ください。

 

詳細を確認