全体像の把握

180以上の個別ブラックリストデータベースにアクセスし、シッパーや荷受人、クライアントの契約、海上本船を検査します。

 

時間の節約

高度な検索機能を使って、単一の標準化されたフォーマットで結果が表示されるため、数百もの個別の取引禁止対象者リストから情報を取り出す時間が要りません。

 

プロセスの合理化

取引禁止対象者リストが更新された場合、高度な自動化機能で直近120日の結果を再検査し、変更を自動で通知します。

機能

毎日取得、標準化、メンテナンスされる1,300を超える個別のブラックリストデータベースを利用できます。

利用可能なデータベースと照らし合わせて1つのアクションでエンティティを審査でき、合致する結果を返し、輸出シップメントの合格が証明されます。

従業員によるスクリーニングアクションと結果の完全な履歴をシステムが自動でログ管理、維持しており、容易に監査や報告が行えます。

取引禁止対象者リストの更新が監視され、新規リストが利用可能になればすぐに追加されます。

業務ファイルを輸出前に検査し、未だ検査されていないものやデータベースに合致したシップメントはすべてドキュメントの作成を制限します。

ダウ・ジョーンズの包括的な制裁対象国所有権調査にアクセスして、米国財務省の外国資産管理局や、複雑な「50%ルール」を含む、外国企業に対する制裁に関するEUの規制に確実に準拠することができます。

CargoWiseをさらに詳しく知る

お問い合わせください

CargoWiseがどのようにサプライチェーンを解放するサポートを行うかをご確認ください。

 

お問い合わせ